<   2007年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

段差解消工事完了後の百道浜・地行浜

 工事が完了し、建設後、初めて防波堤へ 

d0098186_177725.jpg


埋め立て後20数年間、僅かな段差があるため車いす単独では行くことができなかった地へ・・・見る風景全てが初めて、感動、感動の連続でした。
以前、4歳の孫が「ツカサが通れるのにどうしてジジ(車いす)が通れないの」と言う。
素朴な質問です。行政担当者の方、どのように答えますか?

Picasa Web アルバムにて詳細↓


[PR]

by syunsi2 | 2007-05-28 17:07 | 活動 | Trackback | Comments(0)

昨日(5/23)段差解消の工事完了した防波堤へ釣り計画


これまで車いす(常用者)で防波堤へ降り、海水面を近くにして、直に楽しむことができませんでした。車いすは置いてきぼりの状態で淋しい思いを強いられておりましたが、永年の希望が叶って、理解ある博多湾公園整備管理所長様のご配慮で段差が解消され、だれでもが行ける「ユニバーサルデザイン」となりました。

5月23日21日3月23日に関連記事掲載

これからの季節、アジゴ・ハゼなどのシーズンに重度の障害を持った人たちとの釣りを企画検討した。
[PR]

by syunsi2 | 2007-05-24 13:26 | 地域の情報 | Trackback | Comments(0)

百道浜・地行浜堤防への段差解消工事完了

d0098186_17229100.jpg



段差部の工事状況 写真をクリックすると詳細画像へ

昨日(5/22)工事が行われ、コンクリート打ちが完了しました。工事に立ち会うことができず残念でした。PM2:30ころ、福岡市海浜公園指定管理、公園管理所長、K氏よりTELあり

アジア太平洋博覧会(平成元年:1989年3月17日~1989年9月3日)から19年目にして防波堤への通行ができるようになりました

 工事前の状況 
写真をクリックすると詳細↓




関連記事:石畳をアスファルト舗装に、バリア解消

指定都市市長会HP
http://www.siteitosi.jp/index.html
写真で見る福岡市の歩み
http://www.siteitosi.jp/st_ayumi/siteitosi/siteitosi_fukuoka001.html

More 嘆願書の郵送
[PR]

by syunsi2 | 2007-05-23 14:47 | 活動 | Trackback | Comments(0)

百道浜・地行浜の防波堤への段差部解消工事

d0098186_19115121.jpg
    4箇所の防波堤への段差部の解消工事

=============================
この場所へは以前は車いす単独で行くことは出来ませんでした。近くにおられた方に介助をお願いして防波堤へ行っておりました。
誰も居なければ諦めていた状況でした。

海浜公園が完成して以来、大分国際車いすマラソン大会に挑戦する為の筋トレを兼ねた散策はここでしておりました。
その時に知り得た「公園管理事務所長」に段差の解消を願い出ておりました。(嘆願書を添えて)
そして、現在のスロープが完成しました。

詳細: http://wheelsinko.web.fc2.com/slope/momotijigyo.htm


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


   

             段差部の状況 写真をクリックすると詳細画像へ
[PR]

by syunsi2 | 2007-05-21 17:32 | 活動 | Trackback | Comments(0)

福岡タワー第二駐車場

 車いす駐車スペースが設けてあります。配慮が嬉しいですね!
 でも、どうやって、車いすは外へ出るの?
d0098186_1721151.jpgd0098186_1723674.jpg


 案内板に「福岡タワー利用客」を対象にした駐車場とのことがうたってあるので外(歩道)へは出られないように柵をしているのでしょうか?
でも、車いすだけが通れないなんて、何かおかしい!? (+_+)

 福岡タワー 豆知識

 ○ Picasweb アルバムへ
[PR]

by syunsi2 | 2007-05-07 17:03 | 地域の情報 | Trackback | Comments(0)

鉄道全駅でバリアフリーを 国交省が新指針案

 国土交通省は2日までに、JRや私鉄などのすべての鉄道駅で高齢者や車いす利用者らがスムーズに移動できるよう、スロープやエレベーターの設置などのバリアフリー化を求める新ガイドライン案をまとめた。

 駅や周辺道路、駐車場などの一体整備を進める高齢者障害者移動円滑化促進法が昨年12月に施行されたのを受けた4年ぶりの改定。現行では1日の乗降客が5000人以上の鉄道駅をバリアフリー化の対象にしているが、5000人未満の無人駅も含め、すべての駅で対策が必要としている。

 ガイドラインに強制力はないが、国交省は「鉄道事業者の理解と協力を求めたい」としており、7月にも正式決定する。

 新ガイドライン案では、高齢者や障害者が使いやすい多機能トイレの設置だけでなく、一般の個室トイレも間口を広げ、手すりを設けるなど、より多くの人が使いやすい構造を提案している。
2007年05月02日19時20分

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/20070502/20070502_008.shtml

http://www.toonippo.co.jp/news_kyo/news/20070502010005021.asp
[PR]

by syunsi2 | 2007-05-03 09:05 | 記事全般 | Trackback | Comments(0)