カテゴリ:設計思想( 7 )

こんな車が走る街! ワクワクしますね!



こんな車が走る街! ワクワクしますね!
 http://ennori.jp/3837/daihatsu-nori-ori
 ぜんぜん段差がないクルマ「ノリオリ」―ベビーカーも車いすもそのまま乗車可能

 運転も車いすに乗ったまま操作できれば・・・・
[PR]

by syunsi2 | 2015-10-15 08:49 | 設計思想 | Trackback | Comments(0)

進化する車いす 新型車いろいろ!!


MAX MOBILITY
http://max-mobility.com/

進化する車いす 








第41回 国際福祉機器展H.C.R.2014 ご案内ミニ動画②




次世代パーソナルモビリティの開発・販売を手がけるWHILL Inc
http://whill.us/jp

第41回 国際福祉機器展H.C.R.2014 ホームページ
http://www.hcr.or.jp/exhibition/nyuujyou.html
[PR]

by syunsi2 | 2014-11-13 09:05 | 設計思想 | Trackback | Comments(0)

電動車イスのWhill




http://jp.techcrunch.com/2013/11/12/20131111whill-typea/ 
TechCrunch Tokyo 2012年の最優秀賞、
スマート電動車イスのWhillがアメリカでいよいよ市販へ

https://whill.jp/ja
 開発チームは、Sony, Toyota, Nissan, Olympus 出身のエンジニア、
 デザイナーで構成されており、日本のものつくり最先端の高い水準の
 プロダクト製品開発。

http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3447.html
 「シリーズ 未来をひらく1 “二枚目の名刺”が革新を生む」
 NHK クローズアップ現代 2014年1月6日(月)放送
 
[PR]

by syunsi2 | 2014-02-02 09:53 | 設計思想 | Trackback | Comments(0)

サイボーグ ロボット

未来を拓(ひら)く、希望のサイボーグ ロボット研究・山海嘉之
http://www.nhk.or.jp/professional/2014/0120/index.html
NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

~~~~~~~~~~

脳神経機能の回復や治療につながり、これまでのリハビリでは考えられなかった身体機能の改善がなされる、と注目されている。~~~~~~~~~~

再放送情報
1月24日(金)午前0時40分~ 
※九州沖縄ブロックは1月25日(土)午前3時24分~4時11分


アシストロボットハル
http://www.cyberdyne.jp/company/index.html

近くであれば研究に実験台として参加したい!
[PR]

by syunsi2 | 2014-01-21 09:50 | 設計思想 | Trackback | Comments(0)

バリアフリー研修:新たな視点でまち見直し!?

バリアフリー研修:新たな視点でまち見直し 
市職員がアイマスクや車椅子体験−−大和郡山 /奈良
http://mainichi.jp/area/nara/news/20130116ddlk29100612000c.html
柳原講師は講義で、車道と歩道の縁石の段差は2センチが基準であることを一例として示し、「ゼロにすれば良いと思われるかもしれないが、視覚障害者が車道と歩道の境が分からなくなる」と説明。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
でも???

こちらはどのように解決されるのでしょうか?
この段差で生命の危機にさらされたのです
http://syunsi2.exblog.jp/14327238/

先日も甥嫁が交差点で信号待ちしていた際、目の前で転倒する高齢者に遭遇した。素早く車いすを起した。幸い怪我はなかった。段差は2cm。
転倒現場写真↓
d0098186_9293541.jpg

こんな僅かな段差でも転倒の危険があるのです。
良く観察してみると転倒の原因は山形になった車道から歩道へ上がる際、縁石の段差は2cmだが車道と歩道がの字型になりそれを乗り越えるため、後輪を回すのに力が入り過ぎ、前輪が上がり転倒したようだ。このような状況は実際に車いすで街を転がしてみると体験できます。
参照画像↓
d0098186_1023075.jpg


ホーキング博士が昨年開催された「ロンドンパラリンピック」開会式の際、合成音声(コンピュータ)でのメッセージ


「知識の最大の敵は無知ではない

                          
     知っていると錯覚することだ」 



段差を解消するのに、こんな解決方法もあるのですが・・・・・





当事者(障害を持った)でないため、偏った知識で・・・・・
市民(国民)に誤解を与えるような発言は控えて欲しいですね!

視覚障害者対策にこんな「エスコートライン」を車道に設置した事例です。
http://syunsi2.exblog.jp/20204805/

これだと白杖で安心して通れますね!

















http://www.kindai.ac.jp/topics/2010/04/post-166.html

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jscejd/64/2/64_2_285/_pdf
d0098186_1003451.gif
[PR]

by syunsi2 | 2013-01-17 09:26 | 設計思想 | Trackback | Comments(0)

立って乗る車いす?




http://rocketnews24.com/2012/03/29/196927/
参照サイト
[PR]

by syunsi2 | 2012-04-16 09:13 | 設計思想 | Trackback | Comments(0)

日本福祉大福祉工学科バリアフリーデザイン専攻

大学NOW:日本福祉大福祉工学科バリアフリーデザイン専攻(愛知県半田市)
http://mainichi.jp/life/edu/news/20111226ddm013100044000c.html
毎日新聞 2011年12月26日 東京朝刊


多目的トイレ(車いすトイレ)で一番の課題は「自己導尿・人工肛門」者に対応できてない
原因は
衛生機器メーカーは設置業者(購入者)が自治体・ビルオーナー等でユニバーサルデザインの知識に乏しい方々へ売り込みが主、購入者である自治体等はメーカーの言われるままの状態である。
出来上がった多目的トイレは一般の人には好評だが本来必要とすべく障害者(車いす)には不便な造りである。

ここを参照にすれば解る
http://syunsi2.exblog.jp/14891817/

日本福祉大
http://www.n-fukushi.ac.jp/gakubu/kenko/kjmodel/m4.htm
[PR]

by syunsi2 | 2012-01-10 09:49 | 設計思想 | Trackback | Comments(0)