「バリアフリー基本構想作成に関するガイドブック」の改訂について



http://www.mlit.go.jp/report/press/sogo09_hh_000125.html
「バリアフリー基本構想作成に関するガイドブック」の改訂について

<改訂の経緯> =======
2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機として、ユニバーサルデザイン化・心のバリアフリーを推進し、大会以降のレガシーとして残していくための施策を検討するため設置された「ユニバーサルデザイン2020関係府省等連絡会議」において、中間とりまとめがなされました。
 この中で、駅等を中心としたハード・ソフト両面における面的なバリアフリー化の推進に向けて、バリアフリー基本構想の策定を促進するため「バリアフリー基本構想作成に関するガイドブック」を改訂することとされました。
 国土交通省では上記連絡会議における検討と並行して、有識者・障害当事者団体・行政関係者からなる改定検討委員会における議論、パブリックコメントを進めていたところ、この度ガイドブックの改訂を行うこととしたものです。
========== 国土交通省HPより抜粋 (報道発表資料)


http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/barrierfree/sosei_barrierfree_tk_000012.html
改訂版ガイドブックの本体、参考資料、PR資料(国土交通省ホームページ)


関連記事:
http://carview.yahoo.co.jp/news/market/20160913-10251521-carview/?mode=full
出典:自動車業界ニュース













/
[PR]

by syunsi2 | 2016-09-13 09:32 | ユニバーサルデザイン&公共交通 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://syunsi2.exblog.jp/tb/23485226
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< JR東日本 新ホームドア開発で... 災害時要援護者 >>