福岡マラソン2014

車いす選手は4名(定員20名)

朝日新聞のニュースでは
~~~~~~~~~~~~~
ファンラン(5キロ)は2千人の枠に3320人が応募し、こちらも抽選に。一方、車いす競技(5キロ)への応募は4人で定員(20人)を下回った。大分国際車いすマラソン大会と重なったためと実行委はみている。~~~~~~~~~~~~~~

http://www.asahi.com/articles/ASG5R3GXWG5RTIPE00F.html

と、報道されていますが・・・そうでしょうか?


大分国際車いすマラソンを走った体験から。

一般のマラソンでもそのように5キロ言えば丁度、その日の体調の良し悪しが確認でき、身体(車いすでは腕・肩)が温まったころ、そこでフィニッシュとは・・・車いすアスリートとしてはエントリーは逡巡するでしょう。

なぜ、マラソンを走らせないのか・・・・理解できません。


他の都市・地域大会では一般の方と差別なく、エントリーできて、マラソン・ハーフマラソンを走っているのですが・・・・

参考例:

第6回つわぶきハーフマラソン&車いすマラソン大会in日南
http://www.mspo.jp/pdf_files/2014/nh14youkou.pdf
========

東京マラソン
http://www.tokyo42195.org/2015/
========

大阪マラソン
https://www.osaka-marathon.com/index.html
マラソン募集概要https://www.osaka-marathon.com/runner/entry/admission/
========

鳥取さわやか車いす&湖山池マラソン大会

http://db.pref.tottori.jp/pressrelease.nsf/0/18C28EE221868AD549257BE20001983D?OpenDocument
http://db.pref.tottori.jp/pressrelease.nsf/5725f7416e09e6da492573cb001f7512/18c28ee221868ad549257be20001983d/$FILE/taikaitirasi.pdf
===============

競技用の車いすは行政に「速くて危険」と言われ市民マラソンに参加を許可されない現状を打破する為に作成しました。今後グループ討議など活動をやっていきます
https://ja-jp.facebook.com/wheelchairrunning
==============

車いすマラソン:出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%8A%E3%81%84%E3%81%99%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B3

 http://www.city.fukuoka.lg.jp/ucf/index.html
 福岡市HP 「ユニバーサル都市・福岡」


大分国際車いすマラソン大会HP
http://www.kurumaisu-marathon.com/


第10回大分国車いすマラソン挑戦記
http://members.jcom.home.ne.jp/wheel-net/marathon/susumu.htm


因みに私(当時45歳)は大濠公園でのトレーニングでは一周14分(約2キロ)で走ってました。それもレーサーではなく生活用車いすで・・・10周(20キロ)。

d0098186_10522931.jpg


レーサーでしたら、半分以下の所要時間です。

福岡マラソンの制限時間が7時間とのこと。

生活用車いすで走っても7時間は要しないでしょう。

レーサー(競技用車いす)でしたら3時間以下です。

因みに国内のトップレーサーは「1時間30分」以内で42.195キロを走ります。

挑戦した第10回大会(1990)は生活用車いすをスポーツ仕様に改良したものでした。

それでも、ハーフマラソンを「1時間54分26秒」のタイムで走った。

参考資料:第33回大分国際車いすマラソン大会 総合順位(大会結果)
http://www.kurumaisu-marathon.com/contents/record/record003.html


d0098186_148405.gif




ユニバーサル都市・福岡 髙島宗一郎市長ブログ
http://ameblo.jp/so-takashima/entry-11362500849.html



http://www.kyoyastyle.com/ls.html


http://turtle-marathon.jp/guideline.html
~~~~

~~ここから2014.11.9 追記:

福岡マラソンにエントリーした「渡辺勝」さんはこのようにブログに掲載しておられます。

「来年は、車いすのフルマラソンの部が出来ることを、切に願います。」
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/shoblog/
世界の車いすトップアスリートが「福岡マラソンは最高!」だと、絶賛する大会になることを私も願っています。
[PR]

by syunsi2 | 2014-10-26 14:08 | こころのバリアフリー | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://syunsi2.exblog.jp/tb/21243952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 東京五輪に向けバリアフリー推進 舛添都知事 「心のバリアフリーも」 >>