バス停のユニバーサルデザイン(車いす仕様)

車いす常用者にとって安全なバス停のユニバーサルデザイン考!

先日、5月とは思えない暑さの中、所用で出かけた。

体温調整が麻痺しているので、水を霧吹きで顔や首筋に吹き付けながら車いすを漕いでいた。

が・・・・

歩道の照り返しなどで体温が上がり、我慢できなくなった。

近くにバス停が・・・・

うン!

どのようにして乗車するのだろ?

d0098186_913322.jpg




ポール間は「78cm」

スロープが引き出せないのでは・・・


ノンステップバスの標準仕様では以下のようになっている
(出典:国土交通省より)

===========
(スロープ板A)
①幅:810mm
②長さ:1200mm
③角度:5度
(車道から12度)
④サイドガードつき、・収納:中扉脇
~~~~~~~~~~~~~
(スロープ板B)
⑤幅:840mm
⑥長さ:870mm
⑦角度:7度
(車道から17度)
⑧収納:優先席下
⑨ABとも耐荷重
300kg、脱落防止金具つき、表面はセイフティウォーク張り
~~~~~~~~~~~~~~
d0098186_9441297.jpg



参照HP
http://www.mlit.go.jp/jidosha/topics/nsbus/4syou.pdf
==============

バスが来た。

d0098186_9132294.jpg



扉が開いたが・・・・

d0098186_9134274.jpg



スロープを出す、スペースが無い。(ー_ー)!!(@_@;)

バスを移動していただこうと思ったが、前後は植込みの石垣が・・・・



車いすで乗降できないバス停の例
d0098186_9492231.jpg



ユニバーサルデザインを謳っている街「福岡」としては如何なものでしょうか?

d0098186_856113.jpg

乗降口(歩道側)がフラット(平坦)なバス停
スロープの勾配も緩やかになります。
 
このような仕様(造り)が「ユニバーサルデザイン」と言うのでしょうね


d0098186_943117.jpg



d0098186_842093.jpg


d0098186_8421748.jpg




点(施設)がいくらバリアフリー(ユニバーサルデザイン)に

整備されても、

線(移動)が整備されなければユニバーサルな(バリアフリー)

街(社会)とは言えない
 

[PR]

by syunsi2 | 2014-06-06 09:03 | ユニバーサルデザイン&公共交通 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://syunsi2.exblog.jp/tb/20782670
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 大阪交通局 バリアフリー設備 着いた! バス停にて >>