高齢者避難計画策定進まず

災害が起きた際、手助けを必要とするお年寄りや障害者などのために避難支援計画を立てている自治体が、福岡県内では全体の30%と全国の都道府県の中で最も低いことが総務省消防庁の調査でわかりました。

http://www.nhk.or.jp/lnews/fukuoka/5015643622.html
NHK福岡 ニュース 削除の場合あり

47ニュース 避難支援計画、37%が未策定/消防庁が市区町村調査
http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010063001000905.html

総務省消防庁
http://www.fdma.go.jp/

風水害対策の強化について(通知)
消防庁国民保護・防災部防災課長
http://www.fdma.go.jp/html/data/tuchi1905/pdf/190522sai207.pdf

ここ10年何も変わっていません!災害弱者は死を待つしかないのでしょうか?
http://members.jcom.home.ne.jp/wheel-net/2002/bousai.htm
その自治体 担当者の意識(危機管理)の違いでも左右されますね!













d0098186_13382139.jpg

[PR]

by syunsi2 | 2010-07-10 13:37 | 地域の情報 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://syunsi2.exblog.jp/tb/11509786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ヤフードーム傍 歩道で 蝉の声 障害者支援充実で基本方針決定 >>